【吸水実験】デオシートで実際に実験してみた

デオシートの口コミをまとめてみました

更新日:

 

Amazonでデオシートの現在の価格を調べる

楽天でデオシートの現在の価格を調べる

 

デオシートの口コミは?

今のところ、当ブログのいち押しペットシーツはデオシートです。

その理由はいろいろありますが、第一に、わが家のミロン君がデオシートならばおしっこの失敗が大きく減るからです。

少なくてもミロン君と同じような性格のワンちゃんには、デオシートが強くおすすめできます。

ミロン君がおしっこをする時の特徴は「ペットシーツの1度おしっこをした部分には、2度目のおしっこをしない」です。

デオシートは他のどのペットシーツよりもおしっこの広がりを抑えるので、ミロン君にはうってつけのペットシーツです。

ペットシーツの「余白」が大きければ大きいほど、ミロン君は快適に2度目以降のおしっこができるようです。

 

いくつかの実験の結果、このような感想を当ブログではお伝えしてきたのですが、ここで僕の(というか、ミロン君の)感想をいったん置いておいて、他の人達はデオシートにどのような感想をもっているのかを調べてみることにしました。

僕とそう違わない感想をもっていて欲しいところです。

ブログやサイトなどへの書き込み、通販サイトの口コミコーナー、ツイッターやフェイスブックなど、なるべく幅広くデオシートを実際に使った人達の感想を調査してみました。(実際にはツイッターとフェイスブックはあまり参考にはなりませんでした。すみません。)

 

(今回の調査は「デオシート®しっかり超吸収 無香消臭タイプ レギュラー」及び「デオシート®しっかり超吸収 無香消臭タイプ ワイド」のみについてです。フレグランスタイプやその他の大きさなどの口コミは含みません。)

 

デオシートは消臭力が強い

多くの口コミを見ていると、まず「消臭力が強い!」「臭わない!」という書き込みが目立ちました。

僕はこのブログでペットシーツの消臭効果をあまり重視していないのですが、多くの方には気になることのようです。

においのことに関してはワンちゃん次第だと思います。ワンちゃん本人が快く使ってくれたら、それで十分消臭効果が出ているんじゃないかなと思います。

ワンちゃんは、においを嗅いでおしっこをする場所を決めますから、あまり臭いが強かったら、うちのミロン君のようにトイレとは別の場所におしっこをしてしまうと思います。

ワンちゃんが2度目以降のおしっこをしてくれている段階で、消臭効果が発揮されていると言えます。

 

ま、まあ、うちのミロン君のおしっこがあまり臭くなかったり、僕や家族の鼻があまり良くない、という可能性もおおいにあります。

飼い主側として臭いが気になるのならば、フレグランスタイプのペットシーツをおすすめします。デオシートにもラインナップされていますね。

Amazonで「デオシート消臭フレグランス」を調べる

楽天で「デオシート消臭フレグランス」を調べる

 

もちろん、無香タイプで消臭力が強いことが理想なのは言うまでもありません。

そしてデオシートはその部分でも口コミで評価されていたので、僕がどうのこうの言う問題ではないでしょう。

ただ、一定の割合でしたが「あまり消臭効果がない」という書き込みもありました。ですが「消臭効果が高い」という書き込みの方が大多数だったので、心配はいらないとは思います。

デオシートは、厚型のペットシーツとしては一般的な消臭効果かそれ以上だと評価されているようでした。(後述しますが、薄型や超薄型のペットシーツと比べて消臭効果高いと言っているようなレビューは考慮しませんでした。)

 

配達してもらえるのが便利

「意外と重いので、配達してもらえるのが便利」「かさばるので、量販店から持ち帰るのは大変」など、配送してもらえることについての口コミが多かったです。

す、すいません。ネット上で口コミを集めたのでこうなって当然ですね。

ペットシーツを店舗で買っている人には、あまり意味のない口コミです。

しかし、本当にこれが多かったんです。

僕はペットシーツをネットでも購入しますが店舗でも購入します。

ただ、店舗で購入する時は、ほぼ車で持ち帰ってます。なので、ペットシーツを自転車や歩きで持ち帰る人の苦労は測り知れないですね。

最近はアマゾンプライムなどの送料無料のサービスもありますし、まとめ買いで送料無料のショップも多いです。

店舗での購入も、たまに超激安な場合がある(僕の住む東京~南埼玉エリア)ので捨てがたいのですが、送料と相談してネットでの購入も検討してみてはいかがでしょうか?

慣れてくると、店舗で実際に商品を見て、安くなかったり持ち帰りが大変な時だけ、その場でスマホで注文する、なんてことも・・・

 

デオシートは(超)薄型ペットシーツと比較されている場合が多い

デオシートは「安いペットシーツ」=おそらく(超)薄型ペットシーツ、と比較されているレビューが多かったです。

これは、デオシートが厚型ペットシーツの中で一番有名で一番多く売られている結果だと思われます。

普段は薄型や超薄型のペットシーツを使っている人が、たまには「良い(=お高い)ペットシーツ」を使ってみようと思って買われるのがデオシートだということなんだと思います。

薄型・超薄型の安いペットシーツは量販店でも必ず売ってます。そして、厚型はデオシートのみしか置いていない店舗を、僕はよく見かけます。

僕としては、そういう「良いペットシーツを買って良かった!」というようなレビューは、(失礼ですが)今回は慎重に除外させてもらいました。

デオシートはやっぱり知名度ナンバーワンだな~と思いながら、明るくスルーしました。

だって、厚型仕様のデオシートと薄型ペットシーツを比べて吸収力や消臭効果が高いのは当たり前ですから。

 

おしっこの広がりについてのデオシートの口コミは?

おしっこの広がりに関しては、正直に言って言及されている口コミは少なかったです・・・

か、悲しいです・・・

僕がこのブログで、デオシートについて一番言いたいことと言っても過言ではことなのですが・・・

わずかですが、「おしっこが広がらなくていい!」という口コミはありました。

しかし、それがどうワンちゃんのためになるのかという説明はありませんでした。

な、なんか、このブログの存在意義がとても低く感じてしまう結果ですね・・・

き、気を取り直して次に行きましょう・・・

 

ペットシーツのスペックの本命・吸収力についてのデオシートの口コミは?

これについては、良い口コミが多かったです。あ、安心しました。

ただ、やはり多くの方のレビューは(どのペットシーツと比べて)吸収力が良いのかがあまり書いてありません。

薄型や超薄型のペットシーツと比べているのか、あるいは、他の厚型以上のペットシーツと比べているのか分からないものが多かったです。

その中から慎重に探し出した他の厚型ペットシーツと比べているレポートでも、吸収力が劣るというレビューはほとんどなかったです。

同等かそれ以上の評価がほとんどでした。

 

ですが、ある特定の一つのペットシーツに比べて吸収力が劣るという書き込みがとても多かったです。

そのペットシーツとは・・・

改良前(2016年春以前)のデオシートそのものでした。

 

デオシートは改悪されたのか?

正直に書きます。

デオシートの口コミを漁っていて、一番多く目にした口コミは「改悪された」というものでした。

2016年の春に、ユニ・チャームはデオシートの改良版を発売します。

現在販売されているデオシートにも「大改良!さらふわ吸収シートでもれ25%低減!」と書かれています。

この「大改良」はその時の改良を指したものです。

この改良直後の口コミでは、「改良ではなく改悪だ」というような書き込みが非常に多かったです。

どうなんでしょう。僕はこのブログを始める以前には、そこまでペットシーツにはこだわっていなかったので、ほとんど薄型のペットシーツを使っていました。

デオシートは、ミロン君を飼い始めた当初は何回か使いましたが、さすがに当時のデオシートの様子などは覚えていません。(ミロン君は今年で3歳なので、3年以上前のことです。)

 

おそらく、ここまで口コミで「改悪」と言われているのならば、そういった部分があるのかもしれません。

材料費を削減したとかでしょうか?

ですが、「改悪?されても、なお一番良いペットシーツだ」という書き込みは多かったです。

また、わずかですが、「2016年春以降はデオシートの値段が安くなった」という書き込みもありました。

ペットシーツの値段は流動的なので、こう言った書き込みをした方のお近くの店舗の値段が安くなっていただけなのかもしれませんが・・

 

いずれにせよ、僕としてはこのブログで、現在のデオシートを他のペットシーツと比較していくだけです。

非常に勉強不足ですが、このブログを始めて今回の記事を書くまで、デオシートが2016年春に改定されたことは知りませんでした。

ですが、現在のデオシートを使って何回かの実験をしてみたところ、わが家のミロン君にはデオシートが一番合っているのではないか?と予測が立ち、実際にミロン君はデオシートを使っておしっこの失敗を減らしてくれました。

なので、「過去のデオシートはもっと良かった」と言われたら、多少は悔しいですが、それはそれとして、今一番ミロン君に合っていると思われる現行のデオシートを使って行くつもりです。

 

デオシートの口コミ・追記1

この記事を書いた以降に発見したデオシートの口コミを追記していきます。

新たに発見した口コミとして「表面が綿状でフワフワなのが良い」というものがありました。

デオシートの表面が他のペットシーツとは大きく違った形状なのは、当サイトでも何度か指摘してきました。

ですが、その「フワフワ」がワンちゃんにとって良いという発想には至っていませんでした。

確かにワンちゃんはフワフワしているところに用を足す習性があります。

わが家のミロン君も、リビングから抜け出し、お風呂マットの上にそそうをしてしまったことが何度もあります。

また、ミロン君は散歩の時にはあまりおしっこをしないワンちゃんなのですが、する場合は必ず草地を選んでおしっこをします。

これらのことを考えると、ミロン君が他のペットシーツからデオシートに代えた時にそそうが減ったのは、デオシートの表面がフワフワだったという理由も影響していると考えられます。

デオシートの表面が他のペットシーツとはことなっていて、フワフワの綿状だということは、それ自体がメリットになっていたようです。

 

デオシートの口コミ・まとめ

若干、デオシートを必死に擁護しているような口コミのまとめになってしまいました。

ただ、ネガティブな書き込みのほとんどが、デオシート自身の改定についてのことだったことは、ある意味ではとても優秀な口コミだと言えます。

ですが、良い口コミの裏には、デオシートは厚型ペットシーツで一番売れているもので、その口コミの多くは薄型ペットシーツと比べられているものという背景もあります。

まあ、そのこと自体はデオシートの知名度の裏返しであって、それも悪いことではないんですけれど・・・

わ、分かりにくくて、申し訳ありません。

そして、僕の予想した「デオシートはおしっこの広がりを抑えるところが最大の長所だ!」という口コミは、ほとんど無かったという・・・

ぼ、僕も精進して、もっと鋭いペットシーツの実験をして行こうと思った次第です。

 

Amazonでデオシートの現在の価格を調べる

楽天でデオシートの現在の価格を調べる

人気記事-最新アクセス数順

1

当サイトの実験結果をふまえた上でのおすすめのペットシーツを紹介してみます。
ポイントは、おすすめのペットシーツはワンちゃんの性格によって違う、ということです。

2

一般的に犬のトイレの場所は「犬が寝る場所と離れた場所」「少し隠れるようになっている場所」「犬の普段の行動範囲内の場所」などが良いとされています。ですが、トイレの最適な場所はワンちゃんの性格次第で変わってくるはずです。また、飼い主が良く観察して場所を微調整することが重要です。ワンちゃんがにおいをかいで狙いを定めている時にストレスを感じさせないような位置にするべきです。わが家のミロン君の場合はどうだったのかも含めて、ワンちゃんのトイレの最適な位置を考えてみました。

3

  デオシートとアイリスオーヤマのペットシーツ対決再び! さて、以前に僕はデオシートとアイリスオーヤマのペットシーツの吸収力はどっちが上なのかな?と疑問に思い、実際に自分で実験をしてみて、そ ...

4

超吸収ウルトラクリーンペットシーツはアイリスオーヤマの最強のペットシーツか? (写真はワイドのものになります。)   Amazonで「超吸収ウルトラクリーンペットシーツ」の現在の価格を調べる ...

5

デオシートの口コミを集めてみました。わが家のミロン君がデオシートを使った時の感想も書いています。デオシートは知名度が高いので、口コミも多かったです。

6

ネオシーツ・カーボンDX(ネオ・ルーライフ)の吸収力実験をしました。デオシートと比較しています。ネオシーツはアイリスオーヤマのペットシーツの吸水の挙動と似ているようです。

7

  さらさらメッシュシーツの即時吸収力に戦慄が走りました 僕は以前にこのサイトで、いろいろなペットシーツを使って吸収力の比較をする実験をしてみました。 その結果、それぞれのペットシーツにはそ ...

-【吸水実験】デオシートで実際に実験してみた
-,

Copyright© ペットシーツを実際に比較! , 2022 All Rights Reserved.